予防歯科について
歯科治療の終了は、予防の始まり

定期的な来院により問題を早期発見するシステム

歯磨きのプロである歯科医師や歯科衛生士でさえ自分の口の中を毎日100%清掃することは難しいことです。せっかく、虫歯や歯槽膿漏など、歯科治療が終了しても、その後の管理が不十分だと、『また虫歯ができてしまった』、「歯茎から出血する』など、振り出しに戻ってしまうことがあります。つまり、歯科治療の終了は、予防の始まりなのです。しかしながら、自己管理には限界があります。舘崎歯科医院では、患者さんに定期的に来院していただくことにより、お口の中の健康状態を確認し、必要であればお口の中の清掃(歯のクリーニングのプロである歯科衛生士が担当します。)をし、その他問題があれば早期発見するシステムをとっています。
来院していただく間隔は患者さんの口の中の状態によっても異なりますが、半年ごとが一つの目安となります。基本的には、歯科治療が終了して半年毎に定期健診のハガキを送らせていただいています。